[大会名]GRANDSLAM7 - WAY OF THE CAGE -
[主 催]GRANDSLAM実行委員会
[会 場]ディファ有明
[日 程]2018年3月25日(日)
[座席券]
 VIP席:16000円
 SRS席:10000円
 S席:7500円
 A(自由席):5500円
 ※当日500円増し

■新たな決定対戦カード
『教祖vs猛虎』フェザー級/5分2R+EXR(延長Rあり)
kadoina728

門脇英基(日本/T.T.M URUSHI DOJO)『教祖・降臨』第7代修斗世界フェザー級王者
vs
稲葉 聡(日本/秋本道場jungle junction)『猛虎・襲来』

勝村プロデューサーと同世代の門脇はキャリア18年。技の名前にもなる程の存在感はまさに「教祖」。
昨年でも敗れはしたが元LFC王者の川那子と死闘を繰り広げ、その健在ぶりを証明した。
対する稲葉も、数々の戦地を渡り歩いた猛者。しかし主戦場では二年間勝利から遠ざかっている。
ここは同門の川那子と同じく再浮上の足がかりにしたいところだ。


『逆境伝承vsブラック企業ハンター』バンタム級/5分2R+EXR(延長Rあり)
hagihira728

萩原一貴(日本/リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)『所イズム最初の継承者』
vs
平田純一(日本/DAMM FIGHT JAPAN)『闘う社労士』

所英男の秘蔵っ子、萩原がついに本戦進出へ。2年前はアマチュアGRANDSLAMに出場。
GS4では第2部出場と着実にキャリアを積む萩原。対する平田はキャリア7年目のベテランだが、
最近では勝ち星に恵まれない状況。ここで若手の壁となり白星を手に入れたいところだ。


『三年越しの対決実現』無差別級/5分2R+EXR(延長Rあり)
hutamoriyoukuke

二ツ森敬浩(日本/R-BLOOD)『R指定の憂鬱キラー』
vs
YOSUKE(日本/フリー)『覚悟完了・玉砕闘士』

前々回は両者のダブル負傷、前回はYOSUKEの前日での救急搬送により二ツ森が不戦勝。
相原CEOの根性と意地が身を結んだのか三年目、三度目のカード成立へ。完全決着を期待したい一戦だ。


■既報の決定対戦カード
『MMA代理戦争!?』ウェルター級/5分3R
濱岸正幸(U-FILE CAMP 登戸)元ZSTウェルター級王者
佐藤 天(日本/TRIBE TOKYO M.M.A)2014年ネオブラッド・トーナメントウェルター級優勝

『全局面打撃戦!?』ウェルター級/5分3R
レッツ豪太(日本/総合格闘技コブラ会)グラジエーターウェルター級王者・元パンクラスウェルター級王者
森 興二(日本/X-ONE GYM湘南)元ZSTフェザー級王者


■出場予定選手
『再起する才気』伊藤盛一郎(日本/リバーサルジム横浜グランドスラム)元ZSTフライ級王者
『アンチエイジング風神』ライカ(日本/ライトシングアカデミー)ボクシング世界王座三階級制覇
『新・兵・器 flom TTM』工藤諒司(日本/TRIBE TOKYO M.M.A)