gs6logo


メインは田中路教×ハファエル・シウバ

セミはZSTとGRACHANのバンタム級王者対決!!
柏崎剛×堀友彦


天才・加藤忠治もホントにホントの復活劇

2014年7月13日=ビクター・ヘンリー×所英男、2015年2月8日=安藤達也×芦田崇宏、2015年9月12日=小見川道大×中村ジュニア、2016年3月19日=上田将勝×土肥潤、そして2016年11月3日=伊藤盛一郎×内藤頌貴──。日本ケージMMA史上に残る名勝負を送り出してきたGRANDSLAMAが1年振りに活動再開!!

メインはUFCからの帰還者、田中路教が実に5年7カ月振りの国内のMMAイベントに出場。昨年末から米国に居を移した田中だが、諸事情により今年の5月に帰国を余儀なくされ、再び古巣グランドスラムで練習をするようになった。その田中が、キャリアの仕切り直し&再構築の第一歩を歩み出す舞台がGRANDSLAMとなった。

あくまでも目標はUFC復帰、『誰とでも戦う。ただ、強い相手だけ』という田中の要望にかつての師匠である勝村周一朗GRANDSLAM総合プロデューサーが、メインイベントで戦う田中に用意した相手は、ハファエル・シウバだ。

ベラトール・バンタム級コンテンダーから、パンクラスでは3連勝の後、今年の5月にバンタム級キング・オブ・パンクラシスト=石渡伸太郎のベルトに挑戦したシウバ。敗れはたしたものの、王者を徹底的に追い込んだ。これまで上田将勝、ビクター・ヘンリーというGRANDSLAM出場経験のある強豪にも勝利しているハファエル・シウバに対し、田中は力の差を見せることがUFC再契約へのファーストステップとなる。

セミファイナルも同じくバンタム級、こちらはZSTとGRACHANの因縁の王者対決だ。ZSTバンタム級チャンピオン柏崎剛とGRACHANバンタム級チャンピオン堀友彦の間に遺恨はない。しかし、デビュー以来18戦目の初黒星を柏崎が喫した相手が、GRACHAN前バンタム級王者の手塚基伸だった。

ZST旗揚げ記念大会のメインで敗れた柏崎、対する堀は今年の1月に手塚と戦いドロー。4カ月後にGRACHANバンタム級のベルトを巻いている。柏崎としては、手塚と痛み分けのGRACHANチャンプ堀を相手に勝利することで、少しでも借りを返したいところだ。GRANDSLAMという場だからこそ実現した、チャンピオン対決といえる。

さらに昨年11月のGRANDSLAM5で表舞台に戻ってくる予定が、ギアを上げすぎアキレス腱断断裂した加藤忠治が、2010年全日本アマ修斗で揃って優勝したかつての盟友・田中とともにケージへ。加藤の国内での試合も4年11カ月振り、GRACHANを主戦場とする能登崇と戦う。

[対戦カード]
<バンタム級/5分3R>
田中路教(日本/チーム・アルファメール・ジャパン)元PXCバンタム級王者
×
ハファエル・シウバ(ブラジル/ASTRA FIGHT TEAM)パンクラス・バンタム級2位

<バンタム級/5分3R>
柏崎剛(日本/K-PLACE埼玉格闘技)現ZSTバンタム級王者
×
堀友彦(日本/フリー)現GRACHANバンタム級王者

<ライト級/5分3R>
加藤忠治(日本/フリー)元PXCライト級王者
×
能登崇(日本/NORTH KINGS GYM)

※他、本戦3~4試合を予定。グランドスラムサバイバー全8試合の予定


[大会名]GRANDSLAM6  - WAY OF THE CAGE -
[会 場]GENスポーツパレス
[日 程]2017年10月29日(日)
 本戦開始 16時 サバイバー開始14時
[主 催]GRANDSLAM実行委員会

[施設利用料]
VIP席:¥12,000-
SRS席:¥8,000-
S席:¥6,000- ※各席当日500円増し

[販 売 所]
リバーサルジム横浜グランドスラム:045-624-8890
お問い合わせ先: groundslam@hotmail.co.jp